ねおこの映画感想(雑食)

映画(ネタバレあり)、妄想、思ったことを何でも書くブログ。

サマー・ヴェンデッタ 映画 感想

 

 

この感想にはネタバレがあります!!!

未視聴の方は気をつけて下さいね!

 

 


こんにちは!
現在、夏の3分の2を風邪の状態で過ごしている「ねおこ」です!

このままだと四季が、春・風邪・秋・冬になる!!!


という訳で、怖い映画で風邪を吹っ飛ばしたいと思い借りた、サマー・ヴェンデッタ

実際にあった事件からアイデアを得て、作ったようなので、なんとも言えない気持ちで観ました。



 

超簡単なあらすじ

1960年の夏に、フィンランドのボドム湖で起きた未解決の殺人事件。
この事件の真相を確かめようとする男女4人の話。



 

主な登場人物

 

イーダ…主人公の女性。エリアスに裸の写真を撮られて、周囲の人にもその写真を見られたため、家に引きこもっている。

 

ノーラ…主人公の親友。イーダを外に連れ出そうとしてくれる。本性を知ったら友達になりたくない女No.1。

 

アッテ…事件の真相解明に命をかける男。早い段階で実際に命かけちゃう男。

 

エリアス…ちょっとチャラいイケメン。目の保養担当。ありがとう。出来るだけ長く生き残って下さい。

 

 

 

 

1960年の夏に、フィンランドのボドム湖でキャンプをしていた男女4人が、何者かに襲われるという事件が起こった。

生き残ったのは1人だけで、発狂しており、事件のことは覚えていない状態。
犯人も捕まらず、未解決のまま。


ここまで書いただけで、超怖い。
未解決っていう言葉に震える。

 


山小屋で楽しいひと時を過ごすつもりでアッテとエリアスについてきた、イーダとノーラ。

現地に着いてから、アッテが「この場所で起きた未解決事件を再現して真相を確かめたい!」と言い出す。
実はそれが目的。

私なら帰るかな(笑)

 

 

 

印象に残ったシーン


1. アッテが刺されて、他のみんなに「逃げろー!」って叫ぶんだけど、みんな本当にすぐ逃げるシーン。

 

みんな素直!!!

まぁ、私も逃げちゃうかな。(最低)

 


2. 逃げる途中、エリアスがイーダに気持ちを伝えるシーン。(ノーラは足を痛めちゃって、森に居残り)

 

エリアスの話によると、イーダの裸の写真は、撮っていないし、そもそも写真なんて存在しない。

 

エリアスはイーダのことが好きだった。

 

「俺の心は君のものだ。」って言った瞬間後ろから刺されるエリアス。

早い段階でやられるエリアス。
残念がる私。

 

でも辛いのはここから!

 

なんとエリアスを刺したのは、ノーラ!
そう、初めからイーダとノーラはグルになって、2人を殺すつもりで来ていたのです。

 

写真を撮られた復讐かな?
女怖い。

 


3. エリアスとアッテを湖に沈めてから、車の鍵をエリアスが持っていると思い出したシーン。

 

私もよく車の鍵、どこ置いたっけー?ってなるけども。
まさかの、湖に潜って探すパターン。

 

イーダに指示を出して潜らせるノーラが鬼です。

 


4. イーダとノーラが車で帰る途中に揉めるシーン。

 

イーダが本当に写真があったのか聞くと、ノーラが真実を話し始める。

 

ノーラはイーダが好きで、イーダをエリアスに取られちゃうと思って嘘の話をした。
裸の写真なんてないし、噂が一人歩きしただけでした。

 

激おこイーダ。
走行中に揉めるから事故る。

 


5. 事故った現場にいた、男が「大丈夫?」と声をかけてくるシーン。

 

ついに本家登場。多分、事件の犯人。(アッテを刺したのもこの男)

 

男がイーダ達の車をレッカーして、そのまま物凄いスピードで引きずるから、車は大破。

 

無事だったイーダとノーラも捕まったので、結局みんなやられちゃうのかーって思っていたら…イーダだけ助かる。

 

結局、警察が森を捜索したけど、男なんていなかったという結果に。
すべてはイーダが、自分の罪に耐えきれず記憶を捏造したことになった。

 

 


事件も怖いけど、信じてた友達に裏切られる怖さ。ぶるぶる。
本当に森に男がいたのかな?
イーダがやったことなの?もやもや。

 

もやもやした私は、安易に湖に行くのはやめようと思ったのでした。(完)

 


ここまで読んで頂いて、ありがとうございます*\(^o^)/*
(スターも、いつも嬉しいです!ありがとうございます!)


皆さんも、夏風邪には気をつけて!
そして、人間も信用し過ぎないように!(完全に人間不信)

フライト・クルー 映画 感想

 

この感想にはネタバレがあります!!!

未視聴の方は気をつけてくださいね!

 


こんにちは!
今回は、超絶怒涛のフライトの話です。

ラストの飛行機のシーンで、つい一緒に安全姿勢をとってしまったのは、私だけじゃない…はず!

 

超簡単なあらすじ

 

地震が起こった火山島から避難通報を受け、救助に向かう訓練生のアレクセイとベテラン機長のジェチェンコ。
避難しようとしている時に、大噴火が起こってしまう。溶岩が流れ込んでくる中、飛行機で島からの脱出を試みる。



主な登場人物

 

アレクセイ…元空軍のパイロット。上官の理不尽な指示に従わなかったため、空軍をクビになる。 その後、航空会社に転職して、訓練生パイロットになる。

 

ジェチェンコ…ベテラン機長。堅物。アレクセイのことをだんだん認めるようになる。

 

アレクサンドラ…女性パイロット。アレクセイの恋人になる。

 

アンドレウ…男性乗務員。死にそうな良い人NO.1。果たして生き残れるのか。

 

 

 感想

 

 

 

最初の40分は、アレクセイとジェチェンコが普通にフライトするので、あれ?この映画ってヒューマンドラマだったかな?って思い始めたのですが、噴火が起こってから凄い展開だった!

映画何本分の爆発を見ただろうって感じでした。

長い映画なので、印象に残ったシーンの感想を書きます。

 

 

1.駐車場でアレクサンドラが車を出せずに困っていたところをアレクセイが助けてあげるシーン!

アレクセイ素敵だったー!
車を出してあげるだけじゃなくて、途中で花壇の花をブチって取って車の鍵と一緒に渡すんだよ!

のちに、同じパイロットだということが分かってアレクセイがアピールを沢山するんだけど、一途で素敵なんです。

 


2.避難通報を受けて島に着くと、地震と噴火でもう大変!のシーン。

住民の1人が「まだ妹達が乗ってるバスが来ないの!助けて。」って言うんです。

私は正直、助けに行く自信がありません(小心者)


でも、アレクセイとアンドレウは助けに行くんです!

落石にあっていたバスの乗客を助けて、2つのミニバスで空港に帰ろうとするのですが、そこで大噴火が起きちゃう。

アンドレウが運転するミニバスに迫る溶岩!

正直もうアンドレウはここでだめだと思いました。

「アンドレウーーー!!!」って叫ぶ用意は出来てました。(最低な用意)

でも!なんとか助かったアンドレウ!
よかった!
最後まで生き残れるかな?アンドレウ。

 


3.アレクセイより先に島を脱出したジェチェンコが操縦する貨物機の燃料が足りなくて、どうしよう!というシーン。

後から脱出したアレクセイが操縦する飛行機と、貨物機をワイヤーで繋ぎ、籠の様なものに乗客を乗せてワイヤーを伝ってみんなをアレクセイの飛行機に乗せる作戦にでるのですが…そのシーンが超怖い。

いきなり空中サーカス。

観てない方は何を言ってるんだ?
って思うと思います(笑)

私もどう表現したらいいのかわからない。

上空で命懸けのターザンロープみたいな感じです。
どのアトラクションもこれには敵わない。

最後まで貨物機を操縦していたジェチェンコも自動操縦に切り替えて、なんとか乗り移れます。よかった!

 


4.アレクセイとジェチェンコが着陸を試みるシーン。

ここまでこれでもかと試練が待ち構えていたアレクセイですが…最後、嵐で前が全然見えない中、着陸をしなくてはいけません。可哀想すぎ。

がんがん揺れる飛行機を真っ直ぐに保ちながら、なんとか着陸に成功します!!!

 

アレクセイ!お疲れ様!
他のみんなもお疲れ様!

アンドレウもなんと!生き残れました!
良かった!

 


主要人物全員生き残れたので、続編を希望します!(多分無い)

そして…
飛行機に乗るのが怖い私は、この映画を観てますます乗れなくなるのでした。(完)

 


ここまで読んで頂いて、ありがとうございます*\(^o^)/*
(いつもスター、ありがとうございます!)

 

あらうんど四万十〜カールニカーラン〜 感想

 

 

 

この感想には、ネタバレがあります!
映画を観た後だと、よりわかりやすいと思います*\(^o^)/*

 

 

大人になって、「昔はもっと輝いていたのになぁ」って、思ったことはありませんか?

私は現在進行形で思ってます。笑


そんな時見つけた、高知県が舞台の映画!

高知県には1回しか行ったことがない私ですが、観た後、心は高知県民になっていました。(単純)

 

 

 

超簡単なあらすじ

高校時代の仲良し4人が、アラフォーになってから、「俺たちはまだ終わってないって証明しよう」と地元のロードレースにチャレンジする話。


登場人物

 

晃…主人公。東京で役者をしていたが、夢をあきらめて地元に戻ってくる。


タケシ…自転車屋。娘に口を利いてもらえないのが悩み。


シュン…民宿をやっている。昔から足手まといになりがち。


ヤス…喫茶店勤務。別れた奥さんが、娘に合わせてくれない。


この4人が、地元のロードレースにチャレンジします。(高校時代、陸上部の駅伝主要メンバー)

 

 

 

印象に残ったシーン


1.ロードレースに出ることに乗り気じゃない晃に、タケシが賭けを持ちかけるシーン。


晃に、「ロードレースで、岡本達(ライバル)に勝ったら、東京で役者を続ける。負けたら地元に戻って寿司屋を継ぐ。」と提案するタケシ。


私だったら、「地元帰ってきてもいいんじゃない?」って言っちゃうけど、タケシは違った。
さすがアラフォーだった。大人!

 


2.みんなでロードレースの練習をしている時に、晃の父親が亡くなったシーン。

 

晃とお父さんは、ほぼ絶縁状態でした。
お父さんは、晃に実家の寿司屋を継いで欲しかった。
だから、役者の道を選んだ晃の顔なんて見たくない…晃は、そう思っていました。

 

でも実は、晃が実家を頼らず、東京で役者として頑張るようにあえて厳しく接していたようです。

親子喧嘩して晃が帰った後、実は泣いていた父親

不器用すぎるよー!(号泣)


亡くなった後に父親の愛に気づいた晃が、泣くシーンがぐっときました。

(亡くなる前に、誰かもっと早く教えてあげて…と私が思ったのは秘密。)

 


3.レース当日、晃が来ないシーン。

 

晃が来なくて3人でスタートする。
途中、シュンが転んじゃって…っていう所に、やっと晃が登場!

みんな「あきら!!!」
私「あきら!!!」

ここからがみんなかっこ良かった!

シュンが先頭になってみんなを引っ張ったり、タケシが晃の背中を押したり、ヤスのカツラが取れたり…!!


結果、ライバルに勝った晃。
タケシは娘が口を利いてくれるようになって、ヤスは娘に会えます。良かった!


晃が東京に戻ることにした時に、お母さんが「いつでも帰って来なさい。」と言います。


「帰って来るな」と言った父親
「いつでも帰って来なさい」と言った母親。

どちらも親の愛ですね。

 

私も息子が将来、夢を追いかけたいと言ったら、なんて声をかけてあげようかな?ってしんみり考えちゃいました。

 


家族を大切に。友達も大切に。
年齢で行動を制限せず、楽しく過ごしたいですね!

 

いきなり凄いポジティブになったところで、感想を終わりにします!(完)


ここまで読んで頂いてありがとうございます*\(^o^)/*
前回、スターも頂いて、ありがとうございました!嬉しかったです*\(^o^)/*

ロング・トレイル! 映画 感想

 

 

この感想にはネタバレがあります!

映画を観た後だと、より分かりやすいと思います*\(^o^)/*

 


皆さんは、ロングトレイルって知っていますか?
ロングトレイルとは、「山や自然の中を長距離にわたって歩く旅」のことだそうです。


主人公達は、3,500kmを踏破しようとします。
歩いてる間に、季節とかも変わっちゃうんですよ!
凄いですよね!

 

スーパーの駐車場は、近くに停めてなるべく歩かずにいたい私。
今いきなりロングトレイルしたら命が危ないなと思いました。

 

超簡単なあらすじ

60歳を過ぎた紀行作家のビル。
穏やかな毎日に物足りなさを感じていた時、全長3,500kmの「アパラチアン・トレイル」を踏破しようと思い立つ。
旅のパートナーは、40年ぶりに再会した悪友カッツ。2人は踏破できるのか?

 

登場人物

ビル…紀行作家。真面目な性格。
「とにかく絶対歩いてゴールするんだおじちゃん。」


カッツ…破天荒。バツイチ。お酒が大好きだが、訳あって禁酒中。
「途中で車使ってもバレなきゃいいじゃんおじちゃん。」

 

感想


ビルとカッツは60歳を過ぎて、3,500kmを打破しようとします。
年齢とか関係ないよ!と言いたいところですが、やはり心配です。

自然の中、食料も寝るところも自分たちで調達して、毎日毎日ゴールを目指して歩きます。
雪も降ります!熊も出ます!


そんな過酷な旅のパートナーに、性格が正反対のカッツを選んだビル。
というか、カッツしか一緒にチャレンジできる人がいなかった。
(みんな、年齢とか身体の具合を理由に断ってしまいます。)

 

2人とも正反対だから、喧嘩が絶えない旅になるだろうなぁと思っていたら、60歳過ぎれば落ち着くのでしょうか。喧嘩という喧嘩はなく、安心して観れました!


途中カッツが、女の人とトラブったり、車使おうぜと言ったり、色々破天荒でしたが、自分のことを語るシーンが泣けました。

カッツは、お酒が大好きだけど、お酒を飲み続けると自分はだめになると思って禁酒をしていました。
お守りに持ち歩いていたお酒を、ビルと捨てるシーンが私は、ぐっときました。

 

やめられないものをやめるって凄いことだよ、カッツ。


最後は、踏破できなかったけど、自分達のゴールを決めたのがまた良かったです。


ビルが、ロングトレイルをする前に言った言葉が私は大好きだったなぁ。

 

「人生と同じで、先は見えなくてもベストを尽くす。」

 

先が見えなくて不安な時も、この言葉を思い出して頑張りたいなと思えました。


ここまで読んで頂いて、ありがとうございます*\(^o^)/*

グッバイ、サマー 映画 感想

 

この感想には、ネタバレがあります!
映画を観た後に読んで頂くと、わかりやすいと思います*\(^o^)/*

 

 

 

毎日暑いですね!
夏が苦手なので、早く涼しくなって欲しいなと思っていた時に見つけた「グッバイ、サマー」。
食い気味にレンタルしました。
私もグッバイサマーしたくて!

 

結果、
不純な動機で観たことを反省するくらい、少年達が眩しかった!

 

 


超簡単なあらすじ

女の子に間違われがちなダニエルと、ちょっと変わっている転入生のテオが、夏休みに車を作って旅に出ようとする。

 

ネタバレあります!!!

 

 

 

 

車って子供が作れるものなの?
と思っていたら、エンジンに詳しいテオがスクラップでどんどん作る。
凄いよテオ!

一方ダニエルは、
車の認可が下りないので、警察に捕まらないようにログハウス型の車にしようとか言い出す。
(見つかりそうになったら道の端で家になる)

 


いやいや、警察も「なーんだ、車じゃなくて、家か。」って思わないでしょって思ってたら、警察全然気にしない。
「なーんだ、家か。」パターン。
凄いよダニエル!

 

 

 

ダニエルは、性や個性について悩んでいましたね。
女の子に間違われがちなダニエル。
でも長い髪を切るのは、みんなと同じになるから嫌だ…というシーンでテオが言ったセリフが印象に残りました。

 

「髪型は個性とは関係ない。
自分の選択や行動で決まるんだ。」


テオ、本当に14歳なのかな?(本当です)
良いこと言う!

 

ダニエルも素直だから、「今日絶対髪切る!」って、唯一開店していた大人のお店で髪を切ってもらう。


なぜか落武者スタイル(?)にされる可哀想なダニエル。
それでも可愛いよ!ダニエル!

 


大人な発言が多いテオも、ダニエルに自分のことを分かって欲しかったようで、自分本位なダニエルと喧嘩をしてしまいましたね。

テオだって、色々あるよね。
というか、テオの家庭の方が色々あるよね?

来年の夏も、一緒に居られると思っていた2人ですが、最後、テオの家庭の事情で離れ離れになってしまいます。


映画はここで終わります。

 

 

大人になって、いつか出会った時に、あの時は車作って冒険したなって語り合って欲しいなぁというのが私の願望です。

 

 

2人とも美少年すぎて、何かに目覚めそうだった私。
頑張って耐えたよ!セーフ!
(頑張っての時点でアウト。)

 

 

ここまで読んで頂いて、ありがとうございます*\(^o^)/*(読者登録も増えて嬉しかったです!)

セル 映画 感想 スティーブンキング原作

 

この感想にはネタバレがあります!!

映画を観た後に読んで頂くと、わかりやすいと思います*\(^o^)/*

 

今回感想を書く「セル」は、
「ミスト」で、私をトラウマにしてくれた、スティーブン・キング先生の作品です!
素晴らしい作品が多い中、やはり身構えて観てしまうのは、私だけではないと思いたいです。
作品のクセが凄い!(突然の千鳥)

 

超簡単なあらすじ

コミック作家のクレイは、空港で息子に電話をかけていたが、通話途中で携帯電話の充電が切れてしまう。
次の瞬間、携帯を使っていた周囲の人達が突然狂ったように暴れ出して、どーしよー!という話。

 

ネタバレがあります!!!

 

 

 

印象に残ったシーン


1.クレイが車掌のトムと出会ってすぐ「親友になろう!」って言っていて笑った。

そんなにすぐ親友になっていいのかと。

でも、クレイの判断は正しかったですね!
トム、信頼できる男だった。
私も親友になりたい。


2.地下鉄から脱出する時に一緒についてきた、マイク通称DJなんちゃら(忘れた)という男。
先頭きって歩いていて、大丈夫かな?と思ってたら、すぐやられたー!

DJーーーーーーー!!!!!
退場が早い!


3.携帯を使っていて凶暴化した人達(ゾンビと呼んでいいですか?)が、夜になるとみんなで集まって大人しくしているシーン。
ゾンビのみんなを車で踏んだり、焼くのが怖かった。
絶対大丈夫だと思うけど、そこに家族はいないよね?オーケー?
と思いながら観てました。


4.最後、沢山のゾンビの中を倒しながら息子を探すシーン。
凄く大雑把にゾンビ倒してるけど、よく確認して倒してる?
それ息子じゃない?大丈夫?
と神経質な私はドキドキして観てました。(神経質すぎる)

 

映画を観終わって、私の頭にハテナマークが並びました。
誰か理解力を!
理解力を下さい!


ショーシャンクの空に」のように感動で終われないかな?とキング先生に無茶振りをしたところで、感想を終わりにしたいと思います。

 

ここまで読んで頂いて、ありがとうございました*\(^o^)/*

ガール・オン・ザ・トレイン 感想

 

この感想にはネタバレがあります!!

 

映画を観た後に読んで頂けると、わかりやすいと思います*\(^o^)/*

 


超簡単なあらすじ

主人公のレイチェルは毎日、電車の窓から、ある夫婦の様子を見ていた。
その夫婦はレイチェルにとって、「理想の夫婦」だった。
いつものように窓から家を見ると、妻が不倫をしている場面に遭遇してしまう。
しかもその後、その妻が失踪してしまって…。という話。



ネタバレあります!

 

感想


まず、主人公のレイチェルはガールなのかという疑問。(超失礼なやつ)


レイチェルがガールなら、私もガールでいけるんじゃないかと気になって調べたら、外国では年齢によって呼び方を変えるとか、そんなに気にしないようです。いいなー!
レイチェルさん、すみませんでした。(土下座)

 

 

主人公以外にガールが沢山でてきて、誰が誰だか覚えられない。
金髪が2人以上いるともう混乱!
そんな私みたいな方のために、簡単に登場人物を紹介したいと思います!

 


レイチェル…アル中の主人公。トムの元妻。

 

トム…レイチェルの元夫。

 

アナ…トムの今の妻。

 

メガン…トムの家のベビーシッター。

 

スコット…メガンの夫。

 

カマル…メガンの分析医。


ここまで書いて思いました。
分かりづらい!ごめんなさい!

 

 

私が、レイチェルってよく水飲むなぁって思っていた透明な液体はお酒でした。
水のように酒を飲む女、レイチェル。
真実を知るまでは、アル中でストーカーのヤバい女だと思っていました。
そりゃ、アナも怖がるわと。

散々な言われようのレイチェル。


でも、実はトムがDV夫だったんですね。レイチェルは悪いことしてない。

レイチェル、誤解してごめんね!

 

 

そして忘れてはいけない、メガンさん。

メガンも色々抱えていたんですね。
カマルに話を聞いてもらって、これで少し前に進めるかな?って思っていたら、あんなことに。辛い。

メガン、ひと言言わせてもらうと、森はだめ!
修羅場になるかもしれない大切な話をするときは、人目があるファミレスって、海外ドラマで教えてもらった!
不倫してるから無理かもしれないけど、森は危ないよ。

 


最後、トムの本性が怖かったですね。
逃してくれない。

 

でも1番怖かったのは、断トツでアナでした。
アナがトムにトドメ刺すとこが怖かった。直視出来なかった。

もう、不倫してる人全員に見てほしい。
アナを。超怖いから。


レイチェルが前だけを見て電車に乗ってるシーンが救いだったかな。
そう思うしかないような気がする。

 


ここまで読んで頂いて、ありがとうございます*\(^o^)/*


レイチェルが「あばずれー!」と叫んでいましたが、お互い、言ったり言われたりしないで過ごしたいですね!笑